齊藤晃平 練習嫌いだった学生時代、変えてくれた都市対抗野球出場という目標

「子供の頃は野球が嫌いだったんですよね。テレビで巨人戦しかやってなくて。子供だったからアニメとか観たいじゃないですか」
そう話すのは、齊藤晃平さん。高校時代は甲子園、社会人時代は都市対抗野球にも出場した経験がある。

「父がずっと野球をやっていたんです。小学1年生の冬までサッカーをやっていました。そしたら、父にサッカーだったら送り迎えしないって言われて。そこから野球を始めました。最初はライトをやっていて、その後は内野をやるようになりました」
中学ではシニアリーグに所属した。宮城県で育ち、東北高校や仙台育英高校を見ていたので強豪校に行きたいという気持ちがあった。高校入学時には複数の学校から誘いがきていた。その中で、選んだのが福島県の聖光学院だった。
「寮に入りたかったんです。仙台育英も行きたい気持ちはあったけど、仙台市内に住んでると寮に入れなくて。山形の学校と迷ったけれど、その年に聖光がセンバツに出場したのもあって聖光に決めました」
高校からはセカンド一本でやろうと決めていた。
「1年生の秋からメンバーに入って。2年の時は代打で出てました。自分たちの代になってセカンドでレギュラーになりましたね。セカンドは運動量が多いけど、やりがいのあるポジションです。やれるという自信もありました。大学や社会人もずっとセカンドでした」
同期には元楽天の横山貴明氏がいる。
「球自体が他の人と違いました。伸びてくるというか。これはプロにいくなという感じでした。僕は貴明の球得意でしたけど(笑)」
チームは2年生の時は夏の甲子園でベスト8、3年生の時はPL学園に負けてしまい、初戦敗退という結果に終わった。
大学は、3年生の早い段階で希望していた仙台六大学野球連盟の強豪校である東北福祉大学へ進学した。在学中はずっとチームは優勝していたが、大学卒業後はプロに行きたいという気持ちはなかった。
「4年生になって就職をどうしようか考えていた時に野球部を強化したい企業の話があって。監督が観に来ていたりしたのですが、その時の試合で打つことができて。それで社会人が決まりました」
山形県のきらやか銀行だった。社会人になってからは都市対抗野球の出場を目指して練習に打ち込んだ。WBCの日本代表にも選ばれた宇田川選手ともよく対戦した。
「仙台大学と試合をすることが多くて。すごい選手いるなって。フォークも落ちていたし、150キロも普通に投げてました。ドラフト上位だと思っていたので、育成指名だった時は驚きました。打てたこともあるけど、よく抑えられてました」と、対戦した時の印象を教えてくれた。

昔から練習はそこまで好きじゃなかったと話す齊藤さん。それでも長く社会人野球を続けることができたのは、都市対抗野球出場という目標があったからだと言う。
「都市対抗出場は本当にうれしかったです。高校、大学と全国行くのが当たり前という環境でしか野球をやってこなかったので。社会人はこれからがんばっていこうという環境だったので、出場が決まった時はすごいうれしかったです。個人的には甲子園よりもうれしかったですね。社会人時代が野球人生で一番楽しかったです」

3度の都市対抗野球への出場を経験し、現役を引退することを決めた。手術をするような大きなケガをすることなく野球人生を終えることができ、後悔もないと言う。現在は、結婚し1児の父となった齊藤さん。社会人野球時代とは違う会社で働いている。
「貴明と同じ会社で働いています。引退のタイミングが同じで一緒に働こうとなって。引退してから一回だけ草野球をやったんですけど、全然動けなかったです(笑)」
その表情や言葉から、本当に後悔なく現役を終え、現在の充実していることがうかがえた。

1991年12月20日生まれ(31歳)宮城県出身
聖光学院で甲子園出場し、東北福祉大学へ進学。
きらやか銀行では3度都市対抗野球に出場し、現役を引退。

おすすめ関連動画

  1. 川内ブルズ 卒団式ムービー 試合 basketball Movie

  2. 全日本プロレスレジェンドレフェリーが登場!第3弾 和田京平レフェリーが語る記憶に残る試合

  3. ドイツ・フランクフルトU-10担当指導者 新井健コーチ式のトレーニング FlyHgihサッカースクール

  4. 打球の行方は? 打撃 ホームラン Baseball Good play Where is the ball hit? Batted ball Home run

  5. 自己紹介 香蓮ちゃん投稿者/マーティン

  6. プロレスラーVS元プロ野球選手 異種対決 第二弾 後編!

<MVMには豪華賞品>