仙台大学、初の4強逃すも1年生佐藤幻瑛投手が堂々とした投球で躍動

8日、全日本大学野球選手権の準々決勝の4試合が神宮球場で行われた。球場はNPBの各球団のスカウトも視察に足を運んでおり、注目度の高さがうかがえた。今年2月のキャンプから取材をさせてもらっている仙台大学の試合は2試合目。対戦相手は過去6度の優勝を誇る明治大学。1つ前の試合の白鷗大学と鹿屋体育大学の試合では、4対1で迎えた9回に鹿屋体育大学が2アウトから白鷗代大学に1点差まで迫る激闘をみせた。

仙台大学の先発は6日の初戦も先発を務めた佐藤幻瑛投手。1年生ながら春のリーグ戦も先発を務めた期待の選手だ。対する明治大学の先発は蒔田稔選手。リーグ戦では思うように力を発揮できず、シーズン途中に先発から中継ぎにまわっている。

試合は4回までは0対0で、どちらも譲らない展開となった。試合が動いたのは5回裏の明治大学の攻撃。先頭打者が四球で出塁し、その後エラーも絡みノーアウト満塁に。そこからは、飯森選手のタイムリー、宗山選手の犠牲フライ、上田選手と内海選手のタイムリーと明治大学が猛攻により5得点をあげる展開となった。一方、仙台大学は蒔田投手の好投により、出塁はあったものの2塁までランナーを進めることができず、このまま敗退となった。

8強入りするも敗れてしまった仙台大学だが、全国大会の舞台を通して成長をしたのではないかと思う。佐藤幻瑛選手は2回のピンチの場面で、自己最速タイの152キロを計測し、堂々とした投球を全国という大舞台で見せつけた。そして、キャプテンの辻本選手は前日の試合で勝ち越しとなる3ランホームランを放ち、ここぞという場面での勝負強さを発揮している。全国の借りを返すのは全国で。秋のリーグ戦でも神宮大会への切符を勝ち取り、また神宮の舞台に帰ってきて欲しい。

おすすめ関連動画

  1. 2023.06.01 ヤバすぎる小学生! 投稿者/まなと 新着🌟

  2. 走塁のクセ!  投稿者/つー 2021/10/1

  3. エフエムふくやま江草仁貴の「夢を語れ」スポーツ体験イベントの走り方教室編 2022/01/28

  4. 【みんスタ】e-sports 好プレイ CallofDuty プライベートマッチ 投稿者/エンジョイ

  5. ひろしまチアリーディングスクール 集

  6. ヴァンディ広島 集

<MVMには豪華賞品>